著作権・リンクについて

著作権について

MGプレス、ホームページに掲載された記事、写真、イラストなどのコンテンツの著作権は、MGプレス及び配信した新聞社・通信社、執筆者、撮影者など各情報提供者にあります。

※2018年9月現在。予告なく追加、除外されることがあります。

これらのコンテンツは、無断で書籍やその他の印刷物などへの掲載、コピー、放送、翻訳、販売することはできません。「私的使用のための複製」および「引用」の範囲を超えて使用する際には、MGプレス及び情報提供者など著作権者の使用許諾が必要となります。

出版物、印刷配布物などに記事や写真の転載を希望される場合は、所定の申請書を提出していただき、審査の上で許可することもあります(原則として有料)。申請書には使用者や目的、配布の範囲や部数などを記入していただきます。

なお、ホームページやメールマガジンなど、インターネット上の情報媒体への記事、写真などの転載は、現時点では原則として許可していません。

個人的、非営利のページや配信であっても、インターネット上での使用は不特定多数への情報提供となり、私的使用の範囲を超えるため、無断での使用は著作権を侵害することになります。

「引用」は可能ですが、その著作物を引用することや、引用する範囲に必然性があること、量的にも質的にも引用先が「主」、引用部分が「従」という主従の関係にあることなど、注意が必要です。

また「要約」も、要約された文章を読めば記事内容がすべて分かってしまうようなものは、著作権を侵害するものと判断される場合があります。

ネットワーク著作権の考え方、引用や要約の方法などにつきましては、新聞協会の「見解」を参考にしてください。

※出版物、印刷配布物への弊社著作物の使用についてまたは記事使用・転載の際の料金のご相談は、MGプレス(電話0263-32-1139)へお問い合わせください。

リンクについて

MGプレスへのリンクは、原則として自由です。ただし、リンクを希望するページの内容やリンクの方法、リンクを設定するサイトの内容によってはお断りする場合があります。以下をお読みのうえ、ご利用ください。

 

  1. リンクを設定する場所には、MGプレスへのリンクであることを明記してください。原則として「文字」からのリンクとし、MGプレスで使用しているロゴなどの画像や、独自に用意したバナー画像などからのリンクはしないでください。
  2. 個別ニュース、コンテンツへの直接リンク設定は、インターネットの特性上、また慣例上、ある程度やむを得ないと考えますが、個別のページは予告なく削除することがあります。なお、フレーム設定しているコーナーは、コーナーのトップページにリンク設定してください。

 

  1. MGプレスのニュースにリンクすることをPR材料として広告を募集したり、物品を販売するなど、営利を目的としたリンクはお断りします。

 

  1. リンクは、必ずブラウザ(閲覧ソフト)の全画面にMGプレスホームページが表示されるように設定してください。フレームの中に表示される「入れ子」など、特定のページに内包されるような形でのリンク設定はお断りします。

 

  1. 上記のほか、MGプレス、信濃毎日新聞社の名誉や品位を損ねる、経済的損失が生じる、記事内容や編集意図が損なわれるなどと判断される場合は、リンクをお断りします。

 

  1. リンクを設定した場合には、できるだけ弊社にご連絡をお願いします。当方で確認の結果、問題がなければ特にお返事はしませんが、問題があると判断した場合は事後でもリンクをお断りすることがあります。
    また、ご連絡をいただかなくても、弊社が問題があると判断するリンク設定を見つけた場合には、当該ホームページの管理者あてにご連絡をさせていただくことがあります。

※お問い合わせ、ご連絡はMGプレス(電話0263-32-1139)までお願いします