松本ぼんぼん熱く! 256連2万3300人踊り披露

松本の夏の風物詩「第44回夏祭り松本ぼんぼん」は4日夜、市中心市街地一帯を歩行者天国にして開かれた。256連の約2万3300人が、軽快な音楽に合わせて踊りを披露。約18万人(主催者発表)の見物客と一緒に、真夏の暑さを上回る盛り上がりを見せた。浴衣で訪れた人の声と併せて、祭りの熱気を紹介する。
オープニングセレモニー後の午後5時50分、1回目の踊りがスタート。法被や着物など、そろいの衣装を着た踊り手は「そーれっ」「わーいっ」などの元気のいい掛け声を出しながら市街地を周回した。
今年から、連の渋滞を避け、見物客が通行しやすくするために、踊りの周回コースを南北の2コースに分けた他、大名町通りの千歳橋近くと、本町と伊勢町通りの交差点に、通りを横切る見物客専用の通路を設けるなど工夫した。
また、4月にオープンした信毎メディアガーデン前広場には、かき氷やたこ焼きなどの屋台が出て、椅子と机も用意された。建物3階のオープンテラスと共に、新たな見物スポットとなり、浴衣姿のカップルなど多くの人でにぎわった。
主な入賞連は次の通り。
▽最優秀賞キッセイ▽優秀賞Briks、井上▽グッドダンス賞マイナビ松本支部、アルピコ、美容室エル・ジェム&おむすびJAPAN、まるび、高沢グループ
(浜秋彦、長岩将弘)


投稿者: mgpress