県ジュニア空手 中信男女14人V

6人が全中選抜へ

空手の第19回県ジュニア選手権は9月30日、大町市運動公園総合体育館で開いた。小学1年~中学2年の学年別・男女の組手と形で競い、中信勢は小学5年男子形で学年別3連覇を果たした金谷月輝(大町北)ら計14人が優勝した。
男女とも小1~中1の各種目4強と中2の3位までが北信越小中学生選手権(14日・松本市)へ進み、また中学生の各種目3位までは来年3月に埼玉県で開く全国中学生選抜大会の出場権を得た。中信勢は男女を合わせ、北信越(延べ人数)に組手23人、形30人が進み、全国中学選抜には組手1人、形5人が出場を決めた。
形で優勝した中信勢6人のうち、4人が地元大町の剛誠館勢。金谷は北信越大会も昨年まで学年別2連覇し、今年5月の県大会も制した実力者。キレのある動きで勝ち上がり、決勝も修練を積んだ形「セーパイ」で堤朱伊(広丘)を大差で退けた。
「速い動きからゆっくりとした動きに移るときの“決め”がまだ甘い。そこを磨いて北信越も学年別3連覇を」と金谷。
中信勢のそのほかの優勝者と、中学生の全国選抜大会出場者(丸数字は順位)は次の通り。
【組手】◇男子▽小1塚原大志(明善)▽小2隠岐侑眞(穂高北)▽小3吉田旭(開明)▽小6忠地瞳真(岡田)
◇女子▽小2金森真奈(源池)▽小3小林果暖(梓川)▽小5小澤未來(並柳)▽小6竹野穂乃花(山形)▽中2(2)金森奈央(清水)
【形】◇男子▽小2黒岩千隼(麻績)▽小4横澤空希(大町南)▽中2(2)吉澤皐(広陵)(3)浅川奏我(仁科台)
◇女子▽小5斎藤あか里(穂高西)▽中1(1)相川流璃(仁科台)(2)邊田花乃(清水)▽中2(1)久保田結(仁科台)
(松尾尚久)

投稿者: mgpress