受講生が指導役に 「クラウドット」初心者向けホームページ講習会

松本市大手1のウェブ制作会社「クラウドット」は10月24日、初心者向けのホームページ制作講習会を同社で開いた。同社が開講する「在宅ワーカー養成プログラム」の受講生が教わる立場から一転、指導スタッフを務め、一人一人の作業をサポートした。
指導スタッフを務めたのは「ウェブ総合コース」の受講生5人。在宅での仕事や復職などを目指して6月から月2回ほど講習を受け、11月に修了。習得した知識を人に伝える体験をしてもらおうと初めて企画した。
講習会は「無料ツールを使ってホームページを作ろう」と題して開き、市民ら6人が参加。同社の中山拓郎社長(40)が講師を務めた。架空のレストランのホームページを制作するという課題で、スタッフの5人は一人一人に付き添いながら、店のイメージを印象付けるトップページのアイデアや、料理をおいしそうに見せる写真の編集法などを指導した。
受講生の大塚麻実子さん(36、塩尻市大門)は育児休暇中。この日は抱っこひもで子どもを支えながらスタッフを務めた。「教えることで知識が整理できた。在宅ワークを選択肢に入れ、子育ても仕事も充実させたい」。参加した須田里美さん(33、安曇野市堀金)は「簡単にホームページができて驚いた。子育てしながら趣味を生かしたお店を開けたら」と目を輝かせた。
同プログラムは、市が進める事業の一環で4期目。同社は11月22日開講の5期生の受講者を募集しており、8日午前10時~正午、説明会を兼ねたセミナーを松本市勤労者福祉センターで開く。参加希望者は6日までに申し込む。問い合わせは同社℡070・6976・4893(平日のみ午前10時~午後5時)
(宮沢厚子)

投稿者: mgpress