小麦の味しっかりハード系パン充実 あづみのるべーカリー

安曇野市豊科南穂高に今夏オープンした「あづみのるべーカリー」は、硬め食感のパンの品ぞろえが充実した店だ。「小麦の味がしっかり感じられ、生地そのものがおいしい」(小池稔オーナー)というハード系パン。その魅力を広めようと10種類ほどを並べ、「さらに増やしていけたら」と意欲的だ。
小麦粉は県産100%、野菜や果物などの食材もできる限り地元産を使用。水分量が高くもっちり食感の「リュスティック」など、オーナー自らも好きだと語るハード系を多めに、全体で約30~40種類のパンを扱う。
小池さん(40)は松本市出身。都内のホテルで調理師として働いた際にパンのおいしさに魅了され、ホテルのベーカリー部門に異動して10年近く腕を磨いた。その後は、開業に向けて都内のパン店で修業を積み、「土地柄が好き」という安曇野で店を開いた。
店内はナチュラルな雰囲気。特徴的な大きな窓の眼前は遮るものがなく、田園風景や北アルプスの山並みが美しい。ドリンクも扱いイートイン可。数種類のトーストにサラダ、ドリンク(昼はスープが追加)が付いたセット「あづみのプレート」(朝650円、昼1000円。税別。前日までの予約制)も用意する。
午前8時から営業し、稔さんは「朝から豊かな時間を過ごしてもらえたら」と話す。
午前8時~午後4時(売り切れ次第閉店)。月、火曜定休。電話0263・75・3707
(青木尚美)

投稿者: mgpress