西海岸スタイル 松本にこだわりのカフェ

アメリカ西海岸のカフェをイメージし、世界の特別なコーヒーを提供する「ULTIMATE COFFEE BREWERS(アルティメット・コーヒー・ブリュワーズ)」が2日、松本市平田東1にオープンした。オーナーの竹村誠さん(48)はコーヒー好きが高じて独学で知識を深め、念願のカフェをオープンした。
「ULTIMATE」は「究極の」という意味。単一品種、浅いり豆が基本の「サードウエーブ(第3の波)」というスタイルを意識したセルフ形式のカフェで、持ち帰りもできる。
注文を受けてから1杯ずついれるドリップコーヒーは、ノンカフェイン含め5種類。最高等級の「ブラジルサントスNo.2」(480円)などで、人気の専門店「アラビカ京都」の豆も一部使用する。コーヒーに合うという自家製コーンブレッドや、ランチはパスタなどの軽食やお得なプレートランチ(ドリンク付き1050円)も。
竹村さんは同市出身。元々コーヒーが好きで、会社員生活の後、結婚して和歌山県でカフェ用の食材卸の会社に勤めたことを契機に一念発起。Uターンして市内のコーヒー店などで修業し、全日本コーヒー商工組合連合会認定のコーヒーインストラクター検定2級も取った。
店は、ジャズが流れるゆったりとした空間。竹村さんが好きな米サンフランシスコのカフェのように、天井が高く配管がむき出しの壁などがあり、「理想の物件に巡り合えた」という。「老若男女、多くの人に愛される店になれば」
MARUQBASE1階。午前9時~午後6時。水曜定休で不定休も。電話0263・31・6646
(佐竹伸子)

投稿者: mgpress