イクトモ紙上 妄想会議

ゆめサポママ@ながのといえば「妄想会議」。できる、できないは置いておき、やりたいことを語り合うこの会議。昨年は各地で100人以上のママたちが「妄想」を語り、現実に変わったこともたくさんありました。今年最初のイクトモは「紙面で妄想会議」と題して、「あったらいいな」や「やってみたい」を、会議参加者や周りの人たちに聞き、寄せられた投稿とともにまとめました。

若狭紀美子さん(37、木曽町、子ども8歳、6歳、2歳)
おにぎり食堂を開いて、心も体も満たされる地域にしたいな。私はその傍らで、眼鏡や補聴器を販売したり、人と夢を語りあったりしていたい。

田上節子さん(38、上松町、子ども7歳、5歳、2歳)
木曽に戦隊レンジャーを呼ぶ!

柳美由希さん(31、木祖村、子ども9歳、7歳、3歳)
パパのためのイベントを開催したい。例えばシイタケ作り、柿もぎ、タケノコ採り、電車に乗ってみよう!、バスに乗ってみよう!

小川春奈さん(32、松本市岡田、子ども4歳、2歳)
心も体も元気に健康にする、世代間交流の場があったらいいな。

林裕美さん(50、安曇野市穂高有明、子ども20歳、14歳)
自然の力と共存した暮らしがしたい。

桐原沙羅ちゃん(6、松本市梓川)
りんごの形のおうちの中でお料理したい。

桐原拓人ちゃん(4、同)
カーズ(ディズニーキャラクター)に乗りたいな。

保坂咲希ちゃん(5、松本市梓川)
プリンセスの遊園地ができたらいいな。

モリス・イマニさん(16、安曇野市)
甲子園に行きます。

藤島信介さん(24、岡谷市)
自分が今まで行った活動の結果を出す。縁を結ぶ。チャンスを逃さない。

赤羽未来子さん(36、山形村、子ども8歳、3歳)
子育て支援センターでママ向けのワークショップを開催したい。

中山摩美さん(39、松本市和田、子ども11歳、6歳、3歳)
よもぎ蒸し、野草、発酵の力で、女性を発光(キラキラ)させたい。
小坂夏輝さん(9、安曇野市)
平泳ぎを早く泳げるようになりたい!!

読者からの投稿も!
●おりがみ(35、松本市、子ども5歳)
小さい子どものいるママが、思い切り自分の買い物を楽しめるサポートがあったらいいな。買い物をしたい場所に現地集合、現地解散であれば、いつもの買い物とほとんど変わらず、準備も減らせます。ママと離れないので、子どもの負担も少ないはず。ニーズがあるかも含めて、読者の皆さんの意見を聞いてみたいです。
●まゆまゆ(35、長野市、子ども2歳)
子育て中のママ、パパへの情報発信や記事を作成しながら、読んでくれた人みんなが交流できる場、支え合いのできる場を作りたいです。ママ目線で、地元に貢献できるような発信ができるようになりたいです。
●ふわり(41、松本市、子ども6歳、3歳)
自宅で、年配の方から小さなお子さん、赤ちゃんまで集えるような宅幼老所を作りたいです。まずは、年配の方と小さなお子さんが一緒に何かを体験できるイベントができたらと思います。

投稿者: mgpress