家庭で挑戦しよう 16日から穂高でスパイスカレーの料理教室

本格的なスパイスカレーを家庭で作れるようになろうという料理教室が16日から、安曇野市穂高有明の詩人でデザイナーのウチダゴウさん(35)のアトリエ兼ギャラリー「SHITEKI NA SHIGOTO」で開かれる。「スパイスは健康によく、ぜひ家で作ってほしい」と参加を呼び掛ける。
講師は、カレー好きが集う松本市大手4の音楽喫茶「サムシングテンダー」店主の本橋卓さん(42)。同店のカレーが大好きというウチダさんが教室の開催を提案し、「人生をさらに豊かにするきっかけになれば」という。
本橋さんが作るカレーはインドの家庭料理で「スパイスの使い方が分からないと敬遠しがちだが、本来は家庭で作れる」。難しく考えなくて大丈夫という。
ウチダさんの自宅を兼ねたアトリエは昨年完成し、松本から移住した。教室はオープンキッチンで行う。「安曇野と松本は隣同士なのに、行き来は意外と少ない」とウチダさん。教室開催で、両市の結び付きを強めるのに一役買いたいという思いもある。
教室は1~5月の毎第3水曜に計5回開き、毎回違うカレーを学ぶ。各回午前11時半~午後2時。定員10人程度。受講料は1回3800円、5回1万8000円。申し込み・問い合わせはメール(info@shitekinashigoto.com)か、サムシングテンダーの店頭で。
(嶋倉華子)

投稿者: mgpress