松本 日本酒専門居酒屋「深酒」オープン 奥深さ伝えたい

常時50種以上を置く日本酒専門居酒屋「深酒」(松本市大手4)が、昨年12月オープンした。オーナーの深澤広亮さん(37)は「1年を通すと、100種類を超えるのではないか」といい、あえて料理は薄味にし、日本酒の魅力を引き立てる。
店内には「十四代」(山形県)、「飛露喜」(福島県)といった有名どころの他、スポーツ飲料のようなすがすがしさがあるオーガニックの「自然郷BIO」(福島県)、赤色酵母を使った桃色濁りの「ちえびじん」(大分県)など、珍しい銘柄も並ぶ。
深澤さんが日本酒にはまったのは、10年以上前。「それまでは、おじさんのお酒、悪酔いするといった先入観があった」というが、ある日飲んだ酒で、イメージとのギャップに驚いたという。「味のバリエーションの多さ、発酵過程など魅力はいろいろ。蔵元の歴史、地理的な部分など、その背景には文化がある」と力を込める。
日本酒とフレンチを楽しめるダイニングバー「NOMDOS(のんど)」を2009年に市内にオープンしたが、今回は「お酒ありきの店をつくりたい」と「深酒」へ。自分の名前にちなんだほか、「日本酒の奥深さ」を伝えたいという思いも店名に込めたという。
料理は、自家製そば豆腐(350円)、おでんの盛り合わせ(700円)、国産和牛の牛すじ煮込み(750円)などが並ぶ。
不定休。午後5時(土日、祝日は1時)~11時(日、祝日は9時)。電話0263・41・0527
(八代けい子)

投稿者: mgpress