医療専門職のCLSを絵で紹介

安曇野市堀金の木版画家、小平彩見さん(46)は、福音館書店の子ども向け科学雑誌「たくさんのふしぎ」2月号の特集「病院の子どもたち」で絵を担当した。闘病中の子どもや家族に寄り添う専門職「チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)」の仕事がテーマ。制作に際し、同市豊科の県立こども病院を訪れてイメージを固めたという。29日から市内で原画展を開く。
同誌では毎月、さまざまな「ふしぎ」を絵本形式で紹介している。「病院の-」は、日本で最初のCLSとなり、現在はフィリピンに住む藤井あけみさんが書いた物語。2章構成で、それぞれ病と闘う小学生が登場する。
第1章はCLSの女性が誕生日を病院で迎えた男の子のために院内でパーティーを開く様子や、家族の悩みなどがテーマ。2章は、仲良しの1歳の入院患者が亡くなって悲しむ小学校4年生の男の子に、その子の死を受け入れられるようサポートするCLSの姿が描かれている。
小平さんは「わが家の子どもも、生まれて間もなく入院した経験があり、人ごととは思えない」と、絵を引き受けた気持ちを話す。文章を読み込んだ後、同病院でCLSへの理解を深めた。
木版画の多色刷りに手彩色を加えた原画は23点。落ち着いた青や辛子(からし)色、ピンクなどが使われている。亡くなった小さな友達が、自分の心の中に生きていると知ったときの男の子の手は、辛子色で強調し、胸に当てている構図。CLSの女性が窓の外を眺める場面は黄色で明るい光を表した。
同書は書店で購入できる。税別667円。
原画展は29日~2月11日、同市豊科のカフェレストラン清雅で開く。午前10時~午後4時。4日は休み。清雅℡0263・50・5541

(長田久美子)

投稿者: mgpress