冬の松本を歩こう 松本市街地23店でスタンプラリー

「冬こそ、街へ。」を合言葉に、松本市街地の店を巡る冬のスタンプラリー「Matsumoto Winter Walker 2019」が始まった。厳しい冬も街歩きで楽しもうと6回目の開催。飲食、洋服、雑貨の店に、生花店「花屋ことの葉」、美容室「ニチカ」など新たな業種も加わって過去最多の23店が、特別メニューや限定アイテムで迎えている。
発起人の「栞日(しおりび)」店主、菊地徹さんは「冬ならではの楽しみや出合いを体感して」。ラリーは会計ごとにスタンプを押し、3個で缶バッジ、11個でトートバッグ(先着50人)をプレゼント。2月11日には信毎メディアガーデン(中央2)で行う舞台「MANN IST MANN(マンイストマン)」と連動したトークイベントを開く。3月21日まで。詳しくはフェイスブック。

投稿者: mgpress