【地元ママのクチコミ情報】家族でちょっとお出かけ ~長野インター周辺~


松本から高速道路を使えば、1時間ほどで行ける長野市。ちょっと車でお出かけするには行きやすいのではないでしょうか?長野インターから近く、今話題の家族でお出かけできるスポットを紹介します。

【andLIFE(アンドライフ)】
お薦め木育ひろば

長野インターを降りて約10分。1月にハウスメーカーのイチノイエ(熊木住建、熊木宏行社長)が、家族みんなで楽しめ、同社のショールームなども入った複合施設としてオープンしました。
中でも小さいころから木に親しんでもらいたい、という願いを込めて作られた木育ひろば「ぬくもく」がお薦めです。おもちゃすべてが木製で、ボールプールや滑り台、ジャングルジムなど子どもが喜ぶような遊具がたくさんあります。ママたちも癒やされる空間として利用できます。基本的に3歳以下(年会費2000円、1回のみ利用500円)対象ですが、土日曜は4歳から小学6年生までも入場可能です。同じ空間には、カフェも併設。遊んだ後にはカフェでちょっと休憩しながら食事も可能です。授乳室、おむつ交換台も完備されています。
長野市神明7、木育ひろばは午前10時~午後4時、水曜休館、電話026・285・0390、詳しくはホームページへ。

【コトリの湯】
人気のハンモック

長野インターを降りてから15分ほど。2017年11月にオープンした日帰り温泉施設です。「若い人にもたくさん来てもらいたい、をコンセプトにしていますので、子育て中のママたちにも疲れた体を癒やしてほしい」と話す田中一樹支配人(45)。
3つあるお風呂の中で、善光寺平を一望できる展望露天風呂がなんといってもお薦めです。館内には休憩スペースがたくさんあり、大人から子どもまで1日中楽しめる施設です。ハンモックは特に人気。また、約1万冊の書籍、コミック本、絵本などがあり、読み放題です。コワーキングスペースのような場所もあり、温泉に癒やされながら仕事するなんてことも可能。
レストラン、カフェは地産地消を心がけているメニューが充実。キッズルームもあります。おむつが取れていない子は、大きなお風呂には入れませんが、ベビーバスがいくつかあり、大浴場でも同じ空間にいることができます。
長野市松代町東条2832、午前10時~午後10時、第2木曜休館、フリータイム平日950円~、電話026・213・5510、詳しくはホームページへ。

【CafeElephantMountain(カフェ・エレファント・マウンテン)】
年中かき氷が楽しめる

長野インターから10分ほど。かき氷好きのオーナー岡田浩明さん(36)が1年中食べられるようにと2017年に開いた「年中かき氷カフェ」。「ママが社会とつながれる場や、悩みを分かち合える場を作りたかった。ママや子どもがのびのびと過ごしてほしい」と願いを込めています。オープン当初は「冬までかき氷?」と、反感もあったけれど、今では、冬でも食べに来るお客さんも増えてきたそうです。
シロップは旬のものや地元の素材を使い、手間暇かけて作る練乳もぜひ味わってほしいです。かき氷以外にも、タコライスなど食事メニューもお薦めです。キッズスペースも充実していて、子どももも飽きることがありません。かき氷の月限定メニューもあり、4月は「キャラメルプディング」(820円、税別)。子どもサイズのメニューもあるのがうれしいです。お昼は予約がお勧め。
長野市松代町松代176平林ビル1階、午前11時~午後7時、不定休、電話026・214・3674、詳しくはホームページへ。
(久保田まゆ香)


投稿者: mgpress