山雅ホーム初勝利 「スター軍団」破りサンアル喜びに沸く

「スター軍団」を破ってリーグ今季ホーム初勝利―。J1松本山雅FCは6日夜、元スペイン代表で世界的スターのイニエスタ選手らを擁するヴィッセル神戸とサンプロアルウィン(松本市神林)で対戦。下馬評を覆して2-1で勝ち、公式戦の連敗を4で止めた。
神戸はほかに元スペイン代表のビジャ選手、日本代表の山口蛍選手らが先発。テクニックでかなわない山雅の選手は必死に走り、宮阪政樹選手のフリーキックなどチャンスをものにして前半に2得点。後半に1点を返されたが、守り切った。
山雅サポーターは喜びに沸き返り、山口裕史さん(39、同市村井町西)は「世界のレベルを感じた。相当厳しい戦いを覚悟していたので、勝った瞬間は泣けてきた」と興奮気味。
山雅の次戦は10日午後7時から、ルヴァン杯1次リーグでジュビロ磐田とサンアルで対戦する。

(長岩将弘)

投稿者: mgpress