27日市立図書館が移転20周年イベント 映画上映など多彩に 【大町】

大町市立大町図書館は、現在地への移転新築20周年を記念して27日午前10時~午後3時、「としょかんマルシェ&シネマ」を館内と館前の広場で開く。飲食や農産物、花、本、手作り品などの出店、映画上映、ワークショップ、おはなし会、音楽会などの多彩な内容だ。マルシェ(市場)は地域で活動し、図書館を利用する団体や個人が出店。シネマ(午後1~3時)は「チャーリーとチョコレート工場(日本語吹き替え版)」を上映する。入場無料。
ワークショップ(一部有料)は、花や植物の絵柄を付けるオリジナル図書バッグ(午前10時半~正午、1700円、定員10人で要申し込み)や、花がモチーフのアクセサリーや小物、ハーバリウム、無限に開き続ける「エンドレスカード」を作る。
ほかにヤギとの触れ合いコーナーや、信州花フェスタの共催事業で、先着100人に花の苗を贈る催しも。
宮脇哲子館長は「図書館の活動を通じて市民が気軽に交わり、さまざまな人の居場所となる知的交流の場を目指したい」と話す。
当日の運営を手伝うボランティア(受け付け25日まで)と、家庭で眠っているこいのぼり(同21日まで)を募集。こいのぼりは館内や庭に飾る。同館電話0261・21・1616
(青木尚美)

投稿者: mgpress