7節 湘南1-1山雅 新エースに待望の一撃

「山雅スタイル」と「湘南スタイル」が激突した一戦で、山雅は序盤から主導権を握られる苦しい展開。前半はシュート1本にとどまり、後半開始直後に先制点を奪われる。しかし、選手は誰も下を向かず、反町監督の選手交代も奏功。流れは山雅に傾く。
ハイライトは後半38分の得点場面。ペナルティーエリア手前でボールを受けたレアンドロペレイラが自ら持ち込み、強烈なミドルシュート。相手GKは触ることができず、ゴールに突き刺さる同点弾に。
開幕前のけがで出遅れた期待の新戦力は、ようやく状態も整い、「今日はまったく代える必要がなかった。より良さを発揮してもらいたい」と指揮官も期待。本人も「今まで所属してきたチームで、多くの得点を重ねてきた。今季もたくさんゴールを挙げたい」とストライカーらしい自信をみなぎらせた。
山雅は勝ち点1を加え、順位は前節と変わらず12位。次節は20日、18位の鳥栖とホームで対戦する。
(フリーライター多岐太宿)


投稿者: mgpress