「うっかり紛失」を防ぐママたちの知恵 子どものお便り管理法は?

子どもたちが持ち帰ってくるお便り、どう管理していますか?幼稚園・保育園、学校、習い事、地域のこと…。子どもごとに違うものを持ち帰り、どんどんたまって、「あれ?どこにしまったっけ?」。そんな悩み、ありませんか。ママたちにお便り管理法を聞いてみました。

★磁石付きクリップ
大事なプリントは、子ども別に磁石付きクリップで挟んで冷蔵庫に貼り付ける。雑多なプリント類は、とりあえず名前別のフォルダーに入れる。ざっくり管理なのでいろいろ抜けます。あとは子どもや周りの方とのコミュニケーションでカバーします。(斎藤実穂さん、41、松本市開智、子ども6歳、8歳、11歳)
★蛇腹状ファイル
蛇腹状でお便りを仕分けられるファイルを用意。手前に連絡網、以後学校のお便り、地区PTA、部活、その他(学校以外の書類)と分けている。連絡網は私が仕事中でも誰かが連絡できるよう一番前に。学校のお便りは子ども別に分けずに、1カ所に新しいものが手前になるようにしている。見返すことが確実にないお便りは資源ごみへ。(長谷川さん、安曇野市豊科、41、子ども9歳、12歳)
★すぐに仕分け
お便りを持ち帰ってきたら、その場で必要か不要かを仕分け、要らないものは即処分。子どもごとに分けずに、日付順にクリップに止めて、スケジュールを書き込んだカレンダーと一緒に掛けておく。行事のある日はそこから抜きとる。学級通信などスケジュールと関係ないものは、子どもごとにバインダーにとじる。それぞれポケット封筒を付けて、穴の開けられないものを保管。(奥村愛さん、44、松本市里山辺、子ども4歳、6歳、9歳)
★兄弟別にファイル
兄弟でファイルは別にして、日付順にレバーファイルに挟む。挟むのは学校や認定こども園発行の物のみ。イベント、チラシは裏が白い物は裏紙として使用。園の保護者会や学校PTA、地区PTA、習い事の保護者会などはそれぞれクリアファイルで保存。役員になった時用に数年分取っておき、卒園や卒業のタイミングで破棄。(井出麗華さん、40、松本市庄内、子ども4歳、9歳、11歳)
★レターケース
レターケース1段ごとに分類すると、開けて入れるだけで時系列になる。子どものテストも引き出しで分類。未分類の物や提出物などを入れておく場所も確保している。(和泉田仁美さん、53、安曇野市穂高、子ども16歳)
★色別ファイル
ファイルして立てかけて保管。青が中学校、白が保育園と色で分類。時期をみて大きなファイルへ移動して保存版に。年間スケジュールだけでまとめて別のクリアファイルに。(青山裕子さん、45、池田町、子ども4歳、12歳)
★全員の予定を1枚に
年間予定表はコピーして1部ファイル、1部スケジュール帳に。月ごとに全員の予定を1枚の紙に記入して、見える所へ貼っている。(小川春奈さん、33、松本市岡田、子ども2歳、4歳)

オンラインで家族と共有も

★スケジュールを共有できるアプリ「TimeTree」(タイムツリー)
夫のiPhone(アイフォン)にも私のAndroid(アンドロイド)にも対応。スケジュールはもちろん、共有しておきたい情報も写真で追加できるので、プリントをうっかり紛失しやすい私にはありがたい。共有している人なら誰でも更新できるので、聞き忘れや伝え忘れの夫婦げんかがなくなった。(小笠原あかりさん、35、安曇野市堀金、子ども3歳)
★メモや写真を保存できるアプリ「Evernote」(エバーノート)
スケジュールや献立は冷蔵庫へ。その他は写真を撮って「Evernote」へ。プリントを写真で撮影すると、見やすく明度を自動調節してくれる。容量が大きいので安心して保存できる。薬をもらったら写真を撮って管理。年間行事予定などはアイフォンの「Appleカレンダー」のファミリーカテゴリーに入力して、家族間で共有。(山本香織さん、43、松本市深志、子ども10歳)
★プリント整理のアプリ「ポスリー」
お便りを写真に撮り、アプリを開けばすぐ出てくるので、画像フォルダーを探さなくてもいいし、設定すれば前日にお知らせ通知が来る。タグ付けもできるので分類するのも簡単。(宮沢聡子さん、38、池田町、子ども9歳双子)

(藤原里絵)


投稿者: mgpress