24節 浦和1-2山雅(埼玉スタジアム) 逆転勝利の「ヒーロー」たち

早い時間に失点し、その後は浦和の高い守備意識に苦しんだ山雅が、J1リーグ戦で初めてとなる逆転勝利を果たせたのは、多くの「ヒーロー」がいたからだ。
好セーブで追加点を許さなかったGK守田、後半途中から出場して躍動感あふれるプレーを見せた町田、1得点1アシストの高橋…。加えて古巣相手にJ1初ゴールを決めた阪野の働きは、特筆すべきものだった。
後半20分から布陣を3-5-2に変え、相手陣に攻め込む回数を増やした山雅が、同点としたのは10分後。左クロスに反応した阪野が、浦和の槙野や森脇に競り勝ってゴールネットを揺らした。
赤く染まった埼玉スタジアムで、成長の跡を示したストライカーは「ユースから育ててもらったチーム。その意味でも一番、思い入れのある相手から得点できたのがうれしい」と感慨にふけった。
山雅は11試合ぶりの白星で勝ち点23とし、順位は前節と変わらず17位、J1残留ラインの15位仙台との勝ち点差は5。次節は31日、8位大分とホームで対戦する。
(フリーライター多岐太宿)


投稿者: mgpress