山雅ホーム初「金J」 10月18日鹿島戦 限定シャツ配布やライブも

サッカーJ1松本山雅FCは、10月18日夜に松本市のサンプロアルウィンで行う鹿島アントラーズ戦を「フライデーナイトJリーグ(金J)」とし、来場者に限定シャツをプレゼントしたり、人気アーティストの音楽ライブを行ったりする。
山雅を応援する先着1万7000人に贈るシャツは、北アルプスの山々と星空をあしらった、野球のユニホーム風のデザイン。当日は観客に緑色のペンライト(当日販売も予定)などを持参してもらい、試合開始前などに一斉に点灯し、スタンドをチームカラーに染める計画もある。
金Jは、新たなファンの獲得や観客増を目指すJリーグが、映像配信サービスのDAZN(ダ・ゾーン)と共同で開催費用を支援。昨季からJ1で行い、山雅のホーム戦では初開催だ。
山雅運営会社の上條友也副社長は「山雅やサッカーに関心がない人も、行ってみたいと思えるイベントにしたい」とし、出演アーティストは決まっていないが、サッカーや地元との絡みにとらわれず交渉しているという。
FW永井龍選手は「初めて試合を見に来た人に『また来たい』と思ってもらえるようなプレーをし、ゴールと(勝利時に踊る)ラインダンスを見せたい」。観戦チケットは、インターネットやコンビニエンスストアの端末などで販売中。松本山雅 電話 88・5490

(長岩将弘)


投稿者: mgpress