Mt.石井スポーツ松本店 平田に移転オープン 売り場面積拡大

「山とスキーの専門店」として松本市の中心市街地で長年親しまれてきた、Mt.石井スポーツ松本店が8月29日、同市平田東3の商業集積地ビンガムシティ内に移転オープンした。売り場面積は旧店舗の1・5倍に広がり、より快適な買い物ができるようになった。9月8日までオープニングセールを行っている。
新たな店舗は、ツルハドラッグの店舗を改装。1階建て、建物面積825平方メートル、売り場面積726平方メートル。共用の専用駐車場約70台分を確保した。
登山、スキー、アウトドア用品が主力。登山用品は、本格的な冬山登山、クライミングから手軽なハイキングまで対応できる品ぞろえ。「ザ・ノース・フェイス」「マムート」「アークテリクス」といったアウトドアブランドのコーナーも設けた。スキー用品は、9月以降、2019―20年シーズンの新作モデルが入荷する。
また、店内に登山、スキー講座を行うための専用スペースと大型スクリーンを設けた。Mt.石井スポーツ松本店は、ICI石井スポーツ松本店として1987年、同市中央2の本町通りにオープン。移転前の旧店舗では17年間営業。売り場が1、2階に分かれていて、サービス面で店員の目を行き届かせるのが難しく、専用駐車場がなかったのが課題だったという。石井徹店長(46)は「ハードだけでなく、ソフト面のサービスも充実させ、お客のニーズに応えていきたい」と話す。
午前10時~午後7時。 電話 85・1008

(浜秋彦)


投稿者: mgpress