開店45周年記念ライブ ジャズ喫茶「エオンタ」ビル・エバンス松本公演写真展も

松本市大手4のジャズ喫茶「エオンタ」は10月8日、開店45周年記念のジャズライブを市音楽文化ホール(島内)で開く。地元出身のアーティストら2組の演奏と、同店主催でジャズピアニストのビル・エバンスが1978年に行った松本公演の写真パネルも展示する。
同店は74年に開店。ワインやカクテル、こだわりのコーヒーなどを飲みながらジャズを楽しめる店として根強いファンがいる。同店へ続く階段の壁は、アーティストらのサインで埋め尽くされている。
ライブの出演者は、安曇野市を拠点に活動する「中島仁トリオ」と、店主の小林和樹さん(66)が「世界につながる新しいジャズ」と評するピアノトリオ「トライフォニック」。それぞれオリジナル曲を披露する。
展示する写真パネルは20~30点。公演の様子のほか、松本を散策したり同店内でサインしたりする場面などオフショットも。小林さんの説明文も添える。
午後6時開演。チケットは前売りで3800円。同店で販売する。同店℡0263・33・0505(午後4時~午前0時、水曜定休)
(嶋田夕子)


投稿者: mgpress