熟練大工指導の本格的DIY教室

松本市野溝西2の工具店・平林工機は28日午後1~3時、本格的なキットと工具を使い、熟練の大工が教えるDIY教室を同店舗内で初めて開く。「ものづくりの楽しさを知り、完成した時の喜びを感じてほしい」と参加を呼び掛けている。
「クオリティーの高いDIYレッスン」がコンセプト。プロが仕上げたオリジナルキットを教材に、一般的には扱う機会がないプロ仕様の工具を貸し出し、プロが使い方を丁寧に指導、実用的な家具などを組み立てる。
2代目社長の平林正好さん(62)が旧知の大工とタイアップ。3代目の良平さん(27)が「DIY SQUARE(スクエア)」として企画を練り上げ、1年がかりで具体化させた。「子どもから大人まで、初心者にも経験者にも満足してもらえるはず」と、2人は自信をのぞかせる。
初回の講師は、自然素材にこだわり本物志向の中にも遊び心のある家づくりをする棟梁(とうりょう)で、安曇野市穂高の富田屋代表の金子正(まさし)さん(62)ら2人。小テーブル、子ども用椅子、プランターの3種類のキットのうち参加者がいずれか1種を選び、電動ドライバーで組み立てる。キットはいずれも県産のスギ材で、金子さんが用意する。その後は月1回の定期開催を予定している。
要予約、先着10組。参加費は材料費込み1組(1キット)3500円。キットの追加は別料金。小学生以下は保護者同伴。動きやすい服装で、持ち物は不要。申し込みは同企画のホームページ(DIY SQUARE松本市で検索)か、同社電話25・3052
(宮沢克美)


投稿者: mgpress