春ラン2020 今月14日から参加申し込み

春分の日は「春ラン」で─。9回目となる恒例の「春の松本ランニングフェスティバル2020」(TOY BOX・MGプレス主催、実行委員会主管、信濃毎日新聞社共催)は来年3月20日、松本・塩尻市にまたがる信州スカイパーク内のコース「信州スカイロード10」で開く。今月14日から参加申し込みを受け付ける。
種目は(1)ハーフマラソン(21・0975キロ、高校生以上)(2)10キロ(小学4年生以上)(3)2キロ(小学生以上)(4)ファミリー(2キロ、小学生以下の1人または2人1組と中学生以上の1人または2人1組)=表参照。
前回から10キロの出場年齢を、中学生以上から小学4年生以上に引き下げた。発着点はすべて陸上競技場。「信州スカイロード10」は信州スカイパークを1周する全長10キロの周回コースで、園内の豊かな自然を感じながらそれぞれのペースで走りが楽しめる。ボランティアのスタッフや市民らの温かい声援がランナーを支える。
「長野マラソン(4月19日)の1カ月前。冬場の練習の成果を試すいい機会」と、松本大陸上部顧問で実行委員長の白澤聖樹さん(48)。「初春の日差しを浴びながら、多くの人と走る楽しさを分かち合ってほしい」と参加を呼び掛ける。
関連イベントも計画中。最新情報は公式サイト(春ランで検索)で。
【募集要項】
◇開催日 2020年3月20日(金・祝)、開会式は午前8時
◇申し込み方法 ウェブサイト「スポーツエントリー」「ランネット」からスマートフォン、パソコン、電話受け付けデスク(スポーツエントリーのみ)で。ファミリーマート店頭のFamiポートからも申し込める
◇申し込み期間 来年1月31日まで(定員になり次第、締め切り)
◇記念品 参加者全員に贈る。完走者には完走証も。県外からの参加者には、国宝松本城、国宝旧開智学校など市内観光文化施設の無料券進呈
◇問い合わせ 実行委員会事務局(TOY BOX内)℡57・2211
(高山佳晃)


投稿者: mgpress