【おしゃワン】ビジネス編 小物を使ってすっきり

スーツやジャケットなど、ビジネスマンの毎日の服装に、ちょっとした小物を加えることで、おしゃれ度もぐんとアップする。最近は1980~90年代に若者の間ではやったシャツガーターやサスペンダーなどが復活の兆しという。新たな小物も含め使い方などをタイ&シャツショップノットアノット(松本市中央2)の赤羽信代表(52)に聞いた。
「われわれ世代にはシャツガーターが特に懐かしいですよね」と赤羽さん。シャツの袖の長さを調節する留め具で、バブル時代に若者が、おしゃれ小物として使い大流行した。
同店で扱っているシャツガーター(2530円)は、両端に金具が付いた生地に、ネクタイ生地が使われるなど、より洗練されており、赤羽さんは「オーバーサイズのシャツでもすっきりと着ることができ、新鮮なワンポイントになる」とアドバイスする。
ここ数年でおしゃれ小物として人気なのが「ちょっと高級感のある」ボールペンや万年筆。ジャケットの胸ポケットにチーフの代わりに挿して使う。
同店で扱っているのは「レトロ51」というブランドのボールペン(4180円~)。書きやすさに加え、本体の色も10種類以上あり、赤羽さんは「実用的でもあり、濃い色のスーツに明るい色のペンは差し色になる」と提案する。
同店℡38・1271
(浜秋彦)


投稿者: mgpress