2020.2.10 ウェブサイトをリニューアルしました

【おしゃワン】シニア編 小物使いワンランクアップ

シニア世代の冬のおしゃれを、小物を使ってワンランクアップ-。ストールやブローチで雰囲気を華やかにしたり、温かみのあるムートン(羊の毛皮)の小物で印象的なコーディネートにしたり。セレクトショップ、ヤマダドレス(松本市中央2)の山田真人マネジャー(45)にこつを聞いた。
今シーズン流行の起毛素材のコート。グレーのシャギー生地のコートには、防寒も兼ねてポップな星柄のストール(3万800円)をコーディネート。「顔の近くには明るい色を持ってきて」と山田さん。縫いぐるみのようにふわふわとした手触りの人工毛皮のコートには、「メリハリが大事」と、ラインストーンが光るチョウ型のブローチ(各6600円)を胸元に付け、アクセントにした。
また、熟練の職人が製品を手仕上げする毛皮専門店、ローゼン(広島市)のムートン製品もお薦め。中でもスペイン産の「ラコーンムートン」は、薄くて軽いのが特徴。この素材を使ったキーチャーム(7700円)をバッグに付ければ、雰囲気がかわいらしくなり、ぐっとおしゃれになるという。
山田さんは「シニア世代は『少し若い子向け』と思われるくらいのアイテムを取り入れると、冬のおしゃれも楽しくなります」とアドバイスする。
水曜定休。同店電話33・8585
(嶋田夕子)