テクノポップ楽しもう おしゃべりアートさん初アルバム発売記念ライブ

「テクノポップ宇宙人」を名乗り、カラフルな衣装と覆面姿で歌い踊る「おしゃべりアート」さんが18日、松本市のライブスペース「Give me little more.(ギブミーリトルモア)」(中央3)で自身初のCDミニアルバム発売を記念するライブを開く。「松本の“小さな音楽シーン”に目を向けてもらうきっかけになれば」と話す。
テクノポップグループ「YMO」の80年代の楽曲に影響を受け、4年前にシンセサイザーを使い音楽活動を開始。昨年11月に自作6曲を収録した「Techno Odyssey」を発売し、市内で唯一販売しているレコード店「MARKING RECORDS」(マーキングレコーズ、中央3)で、同月に最も売れたアルバムになった。
「バラエティーに富んだ松本の音楽シーンに魅力を感じて」2年前に松本に「降り立った」おしゃべりアートさん。軽快なリズムに乗せたパフォーマンスは、子どもや中年層にも人気がある。
ライブには、おしゃべりアートさんの「憧れの存在」というパンクバンド「Aunt Sally」(アーント・サリー)の元ボーカリストで、世界的な電子音楽家のPhew(フュー)さんらも出演。Phewさんの松本公演は初めて。
午後7時半開演。前売り3300円、当日3800円(別途1ドリンク代)。ギブミーリトルモア ℡080・5117・0059

(嶋倉華子)


投稿者: mgpress