2020.2.10 ウェブサイトをリニューアルしました

書道用具専門「幸寿堂」オープン

松本市埋橋1(幸町)に開店。筆や墨、硯(すずり)、半紙などの書道用具、画仙紙や白山和紙、掛け軸裂地(きれじ)、絵手紙用品、印材の石、便箋・封筒などの小物まで多種の商品が並ぶ。
店長の與曽井寮子さん(71)は、昨年10月に閉店した市内の書道用具専門店「越前屋松本店」に30年余り勤務。同店の店長でもあった與曽井さんが、閉店に戸惑う顧客の要望に応え、自宅を改造して仕事を受け継いだ。
夫の謙吾さん(77)が、趣味の吹き矢で使っている練習場や用具作りの場所を店舗に提供。旧町名と、高齢でも元気で続けられるようにとの願いを込めて店名を付けた。
「『専門用品販売店がなくなるのは困る』という顧客の皆さんに、恩返しのつもりで長く続けたい」と與曽井さん。
午前9時~午後5時半。土・日曜と祝日休み。