2020.2.10 ウェブサイトをリニューアルしました

パン工房マルショウ 3月末で90年の歴史に幕

青春の味「エンリッチ」看板商品惜しまれ

ふわふわのコッペパンに、ピーナツの香りが際立つバターを挟んだ菓子パン「エンリッチ」。この名前を耳にしただけで、学生時代の甘酸っぱい思い出がよみがえってくる松本近辺の人は多いはず。その「青春の味」が、あと1カ月余でなくなってしまったら…。
松本市城西2の「パン工房マルショウ」。エンリッチを作る創業90年の老舗が3月31日、のれんを下ろす。
エンリッチは、砂糖が容易に手に入るようになった戦後から販売される同店の看板商品。パンの中に挟むフィリングは、ピーナツバターの他に、イチゴジャムバター、こしあんバターなどがあり、1日2000個販売した1990年代には「30種類くらいあった」という。
「エンリッチはマルショウの象徴。種類はいくつかあるが、ピーナツバターは、今食べても本当にうまいと思う」。そうしみじみ語るのは同店の2代目社長、百瀬靖夫さん(69)だ。
26歳で同店に入った百瀬さん。エンリッチの作り方を当時のパン職人から目で盗み、自分で作るようになってからは、オリジナルを残しつつ、時代に合わせて毎年改良を加えてきた。「『昔のエンリッチが食べたい』と言われるのが一番困る」と苦笑いする。
マルショウは1930年、百瀬さんの祖母、故千さゑさんが大手4に開業。57年に現在地に移転し、90年にかまどをかたどったれんが造りの現店舗と工場を設けた。だが、店前の市道拡幅のため、現在地でこれまでと同じ形で事業を続けることが困難に。
「違う場所で店を継続する選択肢はなかった」。百瀬さんはそう話し、「お客さんには申し訳ない気持ちと、感謝しかない。残り1カ月余、『一所懸命』パンを作る」とする。
さて、気になるエンリッチのレシピは…。「どうするかねぇ」。百瀬さんは思案顔でつぶやいた。
(浜秋彦)