【ガンズリポート】J2リーグ開幕 白星発進収穫と課題

J2開幕戦を白星で発進した“布山雅”。J1復帰に向け、収穫と課題の両方が見える船出となった。
収穫は、反町前監督が築いたハードワークが健在だったこと。パスをつなぐのが特長の愛媛に対し、山雅は前線からのフォアチェックで自由を奪い、相手の良さを消した。加えて攻撃面では川崎(昨季後半はG大阪へ期限付き移籍)から加入した右MF鈴木が好調で、FW阪野とのホットラインで2得点に絡むなど相手の脅威になっていた。
一方で課題も。愛媛にセットプレーから先制点を許し、試合を難しくした点は修正が必要だ。4バック導入に伴う守備戦術の浸透もこれからで、サイドからのクロスで好機をつくられていた。たらればだが、決定力にたけた相手ならば得点されたであろう場面も何度かあった。上位進出のために守備の安定は必須だろう。
現状では期待と不安が相半ばする。布監督は「しっかり戦い抜ける技術や戦術、フィジカル、メンタリティーを総合的に高めていきたい」と今後の成長を誓った。
(フリーライター多岐太宿)