2020.2.10 ウェブサイトをリニューアルしました

【みんみんゼミ】丸山記者の写真教室・冬編 御嶽山麓で冬光景の撮影学ぶ

MGプレスは20日、「みんみんゼミ(みんなでつくるみんなのゼミ」の写真教室を王滝村と木曽町で開き、参加者は御嶽山麓の湖や滝などで冬の光景の撮り方を学びました。丸山祥司写真記者が、被写体の狙い目、光と影の生かし方、F値(絞り)など場面ごとのカメラの設定を含め、丁寧に指導しました。
1984(昭和59)年の県西部地震で川がせき止められてできた「自然湖」で、湖上に出ている立木や氷面と水面がつくり出す造形をショット。修験者の「寒行」や「寒参り」の場でもある清滝は、暖冬で名物の見事な氷瀑(ひょうばく)はありませんでしたが、参加者はスローシャッター撮影に効果的なNDフィルター(減光フィルター)の使い方を丸山記者に尋ねたり、周囲の冬景色と合わせたりして、表現に工夫を重ねました。
午後は、御嶽山をくっきりと望む開田高原「木曽馬の里」へ。樹上のヤドリギが目立つ冬の白樺林や、雪上に付いた動物の足跡を狙って、シャッターを切っていました。
作品の講評は信毎メディアガーデンで行い、後日、作品をMGプレスに掲載します。