絵本キャラ塗り絵 松川村図書館配布

松川村図書館は4月12日まで、絵本のキャラクターの塗り絵を希望者に配布している。出版社や作者の許諾を得て実施。小さな子どもたちや保護者らに喜ばれている。
配布しているのは、「ノラネコぐんだん」「だるまちゃん」「ぐりとぐら」「もったいないばあさん」「たたかう恐竜たち」「いろんなでんしゃはっしゃしまーす」など約20種類。カウンターの近くに並べ、好みの絵を持ち帰られるようにしている。
同館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で過ごす時間が多い子どもたちに、絵本でおなじみのキャラクターの塗り絵を楽しんでほしいと発案。通常、個人で楽しむ目的でインターネット上からダウンロードができるが、配布は認められていないため、出版社や作者に相談したところ、厚意により期間限定で配布の許可を得た。
子ども3人と来館した瀬川恵美さん(43、安曇野市穂高)は「家にいる時間が長く退屈しがちだが、好きな絵本の塗り絵ができるのはありがたい」。棟田聖子館長は「塗り絵をきっかけに、知らなかった絵本に興味を持つことにもつながれば」と話す。
12日まで冊数制限なく借りられる「もてるだけ貸出し」も行っている。