あたがの森 シダレザクラ華やかに彩る 樹勢の衰えに心配の声も

作家の北杜夫さんら旧制松本高校の蛮カラ学生たちの目も楽しませたであろうシダレザクラ。松本市のあがたの森公園にある国重要文化財・旧制松本高等学校校舎(あがたの森文化会館)の中庭にある樹齢約100年の木が、今年も一帯を華やかに彩っている。
1927(昭和2)年、中庭整備の際に植えられたとされる。紅葉のスポットになっているイチョウの大木と並んで、市民に親しまれている。
一方で、今年は例年に比べ花の数が減少。市は「目立った病害虫の発生は見られない」とするが、周辺住民らは、1世紀近くにわたって学都・松本を見守ってきたシダレザクラを心配そうに眺めている。