あずみ野花園でアイリスとシャクヤク見ごろ

開花期だけ開園する松本市梓川梓の観光農園「あずみ野花園」で「アイリス・シャクヤク園」がオープンした。300種・5000株あるジャーマンアイリスや、120種・2000株のシャクヤクが見ごろを迎えている。
黄、青、白、紫などのジャーマンアイリスは、花びらの色が上下で異なる品種も。シャクヤクは赤、ピンク、黄、白などで品種により一重咲き、八重咲き、半八重咲きなど花の形状が異なる。ほかにシベリアアヤメ60種やポピー、リクニスなど。
「どの花も個性豊か。みんなお薦め」と経営する山﨑和男さん(69)。アイリスは20年、シャクヤクは18年かけて、妻と大切に育ててきたといい、「屋外なので3密にならない。きれいな花たちを見て、明るい気持ちになってもらえれば」。一部のシャクヤクとアイリスは、開花した株を掘り取って販売する。
6月7日まで開園。午前10時~午後4時。入場料300円。電話0263・78・5415