全国から力作 「巣ごもり作品・川柳」

新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の間に作った「巣ごもり作品」、不自由な日々の思いを詠んだ「巣ごもり川柳」に、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。特に川柳はMGプレスのホームページを通じ、全国の愛好家の皆さんからお寄せいただきました。力作を紹介します(応募多数により、掲載は1人1点としました)。

巣ごもり作品

作品一覧はこちら【PDF:6.12 MB】

巣ごもり川柳

川柳一覧はこちら【PDF:5.37 MB】

夫婦間「あれ」とか「それ」で行き違い(中田和孝、68、松本市)

巣ごもりてへそくり探し今日もまた(岩渕甲女、79、松本市)

距離を取り買い物するも命懸け(花岡宏明、66、岡谷市)

給食を家まで出前して欲しい(花岡由紀子、57、岡谷市)

パパとマママスク外して口喧嘩(げんか)(山縣敏夫、74、山口県)

充電の日々はスマホが電池切れ(むーむー、38、東京都)

出不精が今は自粛と誉(ほ)められる(私はだーれ、68、東京都)

巣籠もりが巣立ちをさせた不用品(大槻実、55、東京都)

巣籠もりで身に付いたのは脂肪だけ(やんちゃん、58、福島県)

8時半行ってきますとリビングへ(梶浦公靖、72、東京都)

今日一日歩いた距離は四十歩(チェミ、34、埼玉県)

妻も居て子どもらもいて居場所ない(須知良正、70、東京都)

巣ごもりで増える脂肪に減る貯金(土鳩、56、東京都)

ゴミ出しを旅と名付けて紛らわす(佐藤一彦、41、仙台市)

スカイプで家の中まで覗(のぞ)かれる(白瀬美智、76、京都市)

仕事ぶり家族に見られて照れワーク(宮のふみ、48、宇都宮市)

パラダイスゲームにTVにYouTube!(がぶがぶ、13、松本市)

草取りが親子ストレス発散に!?(ガンガン、46、松本市)

お家カフェ体力勝負と身は肥える(万華鏡、63、安曇野市)

うまいもの食べて明日も美味(うま)いもの(みみずく、72、安曇野市)

巣ごもりで眠れる森の美女気分(三重野乃恵美、52、安曇野市)

コロナでも積読(つんどく)の山崩しけり(柳原俊幸、83、松本市)

あるのかなコロナとデマに効く薬(横山元秀、73、安曇野市)

巣ごもりの少しの酒もほろ苦く(岩渕軍平、80、松本市)

巣ごもりも本は積ん読眠り得(関義弘、84、松本市)

巣ごもりでツバメも人もいつ飛べる(丸山一光、71、安曇野市)

巣ごもりで日本1周グルメ旅(藤本香保里、35、愛媛県)

やっぱり留守がいいねとつい本音(横山閲治郎、69、兵庫県)

巣ごもりで卵を抱いて孵(ふ)化を待つ(アカエタカ、69、宮崎市)

初めてだ家で3回飯を喰(く)う(わーさん、77、福岡市)

禁足のうさ晴らしかな星座詠む(倉石讓、71、京都市)

時祝(じしゅく)自(じ)スゴ盛り太りコロナ卒(64、リタイア男、青森県)

もう嫌だ脱走したい籠の中(横手敏夫、66、埼玉県)

両親にコツを乞われる引きこもり(ばいなりい、60、名古屋市)

テレワークワーク家事掃除評価ゼロ(渡邊敏夫、82、静岡市)

自粛中手作りマスクがあふれ出る(西村嘉浩、80、相模原市)

慣れた今在宅ワーク天国だ(あささ、33、千葉県)

感染予防巣ごもり家族卑近距離(阪井一夫、83、大阪府)

コロナ禍で何もしないで閉じ籠り(広島松治、88、東京都)

引きこもり?ステイホームと言い訳し(博之介♪、48、静岡県)

生き餌を探してくるぞ見ろツバメ(中村宗一、78、奈良県)

コロナ肥満おまえ誰かとまた言われ(フーマー、65、名古屋市)

マスクして夫婦すれ違いこんにちは(みさご、75、静岡市)

飲んで食べコロナ太りに減る貯金(かかし、70、愛媛県)

女房がこの頃ソーシャルディスタンス(しんちゃん、46、埼玉県)

巣ごもりで都会でポツン一軒家(寺瀬四郎、71、新潟県)

冬眠に目覚めたコロナ家ごもり(福田素明、71、長崎市)

巣ごもりは一人暮らしと似た暮らし(村上定、66、神戸市)

久しぶりたまの出社で誰だっけ?(たまちゃん、59、東京都)

自粛中女を上げるタダで起きぬ(寝落ち姫、48、兵庫県)

自粛して気づいた家にいる自由(花がえる、34、東京都)

録り溜(た)めたテレビ番組見ずに消す(榊祐作、32、東京都)

コロナ禍に日がな叫ぶ子ああ嫉妬(傀儡師、62、前橋市)

巣ごもりが快適過ぎてどうしよう(横尾伸子、50、大阪府)

考えるパチンコできるオンライン(小坂武弘、75、京都市)

会社より恋しい馴染(なじ)みの赤提灯(ちょうちん)(乳母車の弥七、57、埼玉県)

自粛でも子どもの相手無制限(ぴんくのうさぎ、34、東京都)

おウチカフェ会話も少なく缶コーヒー(秋田のずぼら嫁、29、秋田県)

自宅でも外出気分オンライン(藤原茂法、56、北海道)

愛の巣がAIの巣になるテレワーク(山本崇、51、埼玉県)

巣ごもりで食べる楽しみ凄(すご)盛りで!(田中麻紀、46、熊本県)