「ゴーゴーカレー」とコラボ カレーギョーザ誕生

16日先行発売

ステンレスの皿に盛られたご飯に濃厚なルー、ソースをかけたカツ、付け合わせの千切りキャベツなどが特徴の「金沢カレー」。その火付け役といわれる「ゴーゴーカレー」とコラボした「ゴーゴーカレーギョーザ」が松本で誕生した。16日、全国のドン・キホーテで先行発売する。
ギョーザ製造・販売の信栄食品(神倉藤男社長、松本市並柳4)がゴーゴーカレー(本社・東京)の監修を受けて開発。クミンやコリアンダーなどのスパイスを混ぜ合わせ、ゴーゴーカレーの複雑な味を再現した具を黄色の皮で包んだ。昨年から試作を重ね、満足の味に仕上げた。パッケージも黄色で、ゴーゴーカレーの「目印」ゴリラも描かれている。
一口サイズで、焼いても揚げてもいい。色鮮やかな黄色は「インスタ映えも意識した」と、営業開発部の神倉まり奈さん。「おかずでも、おつまみでもお勧めです」と話している。
12個入り321円。信栄食品電話0120・61・6261