介護の人材紹介定額で

有料職業紹介などのマーベルキャリアコンサルティング(松本市出川2)は、県内で初めてサブスクリプション(サブスク=定額制)型の介護施設向けの人材紹介サービスを始めた。介護現場での人材不足がいわれる中、割安で採用できる他、人材確保を支援することで介護体制の安定につなげる。
サービス内容はお薦めのスタンダードコースで、料金は月額12万5000円。採用上限人数は5人(保証人数2人)。1年契約。契約期間内に採用者がいなかった場合は料金の全額、2人未満だった場合は採用人数に応じた金額を返金する。
現在の、有料職業紹介は「成功報酬型」サービスが通例で、この場合の料金は、1人90万~120万円かかるという。一方サブスク型は、上限人数まで採用すると、1人当たり30万円前後に抑えられる。また、料金が月払いで予算化がしやすく、広告宣伝費なども含まれるため、事務的作業の軽減にもなる。
サブスク型サービスは、コンサルティング会社、船井総研グループの子会社HRForce(エイチアールフォース)が特許を取得しているビジネスモデル。マーベル社は県内で同サービスを提供するため、3月にHRForceとライセンス契約を結んだ。
マーベル社はこれまで、製造業を中心に人材紹介をしてきたが、介護現場での人材不足に加え、今後の高齢化を見据え、介護施設での人材確保を支援し、運営を安定させることで地域経済の発展にもつなげたいとして同サービスを始めた。
マーベル社の赤沼典昌代表(54)は「長野県は暮らしやすく、年を取っても安心というイメージアップにつなげたい」と話す。