シフォンケーキ自転車で出張販売

バルーンアーティストで、塩尻市で手作りシフォンケーキの店「PinkieCafeぴんき~かふぇ」(大門三番町)を開く東海林とも子さん(54)が、自転車で出張販売を始めた。コロナ禍で人と人との交流が難しくなる中、「こんな時期だからこそ、みんなが笑顔になれるように」と思いを込める。
20年になる本業のバルーンアーティストの傍ら、大好きなシフォンケーキ作りも追究。「クリームがいらないシフォンケーキ」を目指し試行錯誤を重ね、5年前に専門店を開いた。控えめな甘さとふわふわでしっとりした触感が特徴で、味はプレーン、メープル、コーヒー、ココア、紅茶、カボチャの6種類。すべて税込み200円。
月、水、金曜は、市民交流センターえんぱーく(塩尻市)、道の駅今井恵みの里(松本市今井)、綿半スーパーセンター塩尻店(広丘野村)、長池店(長野市)、いちやまマート岡谷店(岡谷市)で約100食を、火、木曜は店で30食を販売する。出張販売の場所は変更もある。
東海林さんは「バルーンを見るとみんな自然な笑顔を見せてくれる。今はバルーンの仕事はできないけれど、この姿を見て、ケーキを食べて楽しんで」と話している。問い合わせは東海林さん電話090・8328・0454