ライブハウス支援にアルバムネット配信

松本市中央3の女鳥羽川沿いにあるライブスペース兼バー「Give me little more.(ギブミーリトルモア)」は、松本を拠点に活動しているミュージシャンらによるコンピレーションアルバム「そこにいる1&2」を2作品同時にネット配信で発売した。
コロナ禍で存続が危ぶまれる同店を支援してほしいと、店主の新美正城さん(31)が企画。アルバムは店のホームページにリンクされたオンラインストアから、それぞれ最低価格1200円に寄付金を上乗せして購入できる。
ギブミーリトルモアは、オープンして7年目。国内外のインディーズ(独立系)の音楽ライブや上映会、トークイベントなどを開いてきた。
アルバムの構想は昨年からあったが、新型コロナウイルスの影響で予定していたライブが次々と中止に。店の経営が危うくなってきた4月、店でライブをしたことがあるミュージシャンに声を掛けて実現した。アルバムには松本を中心に東京、カナダなどから25組が参加。楽曲のやりとりはメールで行った。多くの曲が書き下ろしの新曲で、すべて無償提供された。
フォーク、ロック、テクノ、実験的な音楽など多彩な曲が収録されている。「ジャンルの垣根がない店の空気が伝わるアルバム」と新美さん。アルバムに参加した松本市のnuさんは「ギブミーは大事な場所。少しでも店の力になれればうれしい」と話している。