【ガンズニューフェイス】 43 DF 常田克人(ときだまさと)

再開初戦の金沢戦で、橋内選手の負傷での後半途中から緊急出場した大型センターバック。慌てず動じず無失点で乗り切ったが、期待を背負って先発出場した4日の甲府戦で自身も負傷退場。守備陣はやりくりが厳しく、早い復帰が待たれる。

空中戦制し攻撃につなげたい

途中出場した金沢戦は、悪くない試合の入りができました。とにかく失点しないために、チームの決め事を守ること、ピッチ内で仲間と声を掛け合うことを意識してプレーしました。
チームによってスタイルは違いますが、球際の部分や走力で負けないことが大切なのは、どのチームも一緒。山雅に来てから、これまであまり意識してこなかったその重要性を、いっそう学ばせてもらっています。チームが苦しい時間帯や失点後、自分が中心になって声を掛け、コミュニケーションをとっていければと思います。
金沢戦では(相手の)ルカオ選手との空中戦は、ほとんど勝ちました。でも、ほとんどではなく全部勝って、その後のパスから良い攻撃につなげることができたのでは─とも感じました。ヘディングや(利き足の)左足からのキックは負けてはいけないので、そういう自分の良さでチームに貢献し、勝ち星をサポーターの皆さんに届けたいです。

※取材は1日、ウェブ会議システムで行いました。