田立屋がリニューアルオープン

化粧品販売などの田立屋(松本市大手3)は16日、約半年の改修工事を終え、リニューアルオープンした。新たに県内で初めてフランスのコスメブランド「ポール&ジョー」を取り扱うほか、メークスタジオなども一新。化粧品店には珍しいチュロス(揚げ菓子)専門のスタンディングカフェも併設した。
「永続的なクラシカル&モダン」をテーマに、シンボルである店舗中央のらせん階段は残して改装した。国内外のコスメブランド30種以上を取りそろえ、写真撮影もできるメークスタジオ、エステなどのブースを完備。「世代を問わず、ここに来たら欲しいものがあり、化粧が楽しいと思ってもらえたら」と同店。
嘉永元年(1848年)に創業し、明治4年に現在の場所に移転。かつて松本城の大手門があった場所にあることから、チュロス店は「THEGATE」と名付けた。店を起点にして、チュロスを片手に街を回遊する人の流れができればと期待する。県産米粉を使い、揚げたてを提供する。
大宮康彦社長(73)は「各ブランドの世界観が十分出せるようこだわった。カフェも含めサービス面を大事にしていきたい」と話している。
新型コロナウイルス感染防止のため、メークレッスンなど一部サービスは自粛しながら営業。午前11時~午後6時半(カフェは11時半~5時)、水曜定休。電話0263・32・0057