たこ焼き店で写真展

松本市空港東のたこ焼き店「のまど」は、子どものころから客として通う西川穂乃花さん(22、笹賀)が撮影した写真を店内に展示している。「自由に遠出をしたり、旅行を楽しんだりすることが難しい今、写真を見て楽しんでもらえれば」(西川さん)と愛知や京都、沖縄などで撮影した9点を選んだ。8月末まで。
西川さんは松本県ケ丘高校を卒業後、愛知県内の大学でメディア芸術を専攻。写真サークルに入り、デジタルとは異なる色味や味わいに引かれてフィルムで撮影を始めた。合宿や旅行先などで、建物や植物など風景を中心に写してきた。
今年3月、新型コロナウイルスの影響で卒業式が中止に。「せめて晴れ着で」とキャンパスに別れを告げに来た卒業生も多かったというが、着付けの予約時間が変更になるなど混乱も。そんな中で幸いにも会えた友人を撮影した「静かな旅立ち」からは、無念さも伝わってくる。
地元に戻り、グラフィックデザイナーを目指す西川さんは、今は表現力を磨いているといい、「作品の感想を聞かせてほしい」。店主の大木誠さん(53)は「若者らしく、あがきながら前へ進もうとする生命力が感じられる。店を利用しなくてもよいので見てもらいたい」。
午前11時~午後7時。火曜と第1、3水曜定休。8月は夏休みもあり、来店前に確認を。同店87・8221