小谷村栂池高原に複合型温泉施設オープン 世代越えた交流の場に

小谷村の栂池高原に日帰り入浴と宿泊、遊びやお酒が楽しめる複合型温泉施設「EARTHMANSTSUGANOMORI(アースマンズツガノモリ)」がオープンした。バーのほか、ダーツやビリヤード、卓球ができるスペースも設置し、世代を問わず地元民と観光客がつながる社交場のような空間に生まれ変わった。
日帰り入浴施設「元湯栂の森荘」を改装した。アパレル事業などを展開するデイトナインターナショナル(東京)の宿泊事業「EARTHMANS」グループの5店舗目。栂池エリアでは2018年末からもう1店舗を営業している。
入浴に加え、若い世代も呼び込む遊びや趣味、飲みといった多角的な楽しみをワンストップで提供。「地域に溶け込む」というグループのコンセプトに沿い、地元と旅行者の交流が生まれる場を目指す。
1階の源泉掛け流しの大浴場の床にヒノキの板を施し、露天風呂も備える。休憩スペースでは大型スクリーンでアウトドアや自然などの映像を流す。2階には客室8室と、バーテンダーが立つバーカウンター、「プレイルーム」を設けた。
マネジャーの草野大輝さん(26)は「ここに来ると何かあるというような、楽しくて人がつながる場所にしていきたい」。各種イベントなども計画する。
日帰り入浴(ドリンク1杯付き、入湯税別)は1000円、65歳以上と小学生600円、未就学児300円。午前11時(バーは午後3時)~午後9時。第2水曜定休。℡0261・83・3300