2020.11.19 日本地域情報コンテンツ大賞・タブロイド部門で2年連続優秀賞

【山雅 Next Match】vs アビスパ福岡(15日18時・サンプロアルウィン)

真夏の3戦目総力で

得点力不足や、相手より先に失点する場面が多い守備の課題を修正するため、厳しい練習に取り組んでいる山雅。けが人が相次いだ守備陣に、複数のポジションがこなせるDF前貴之選手をJ1横浜Mから獲得し、攻撃陣を含めて負傷していた選手の何人かがチーム練習に合流するなど、明るい兆しも見えてきました。
次節の相手、福岡ってどんなチーム?
(1)長谷部茂利監督の下で成長中。
(2)多国籍の外国人選手が活躍。
(3)「J1昇格5年周期説」に注目。
新指揮官に、昨季J2水戸をクラブ史上最高の7位に導いた長谷部監督を招いた福岡。外国人はセランテス、フアンマ(ともにスペイン)、サロモンソン(スウェーデン)、グローリ(ブラジル)と多国籍な選手が活躍中です。過去には2005、10、15年とJ1に昇格していますが、今年は果たして…。
今こそ問われる、チームの総力!
肉体的にも精神的にも疲弊する、真夏の5連戦の3戦目。選手層の厚さが必要です。チーム練習に戻ったセルジーニョ、高橋諒の両選手=写真=らの復帰が待たれます。