「#歩こう中山道木曽路カード」公募写真で魅力発信

木曽地域振興局が、旧中山道や木曽路の魅力を発信しようと公募した写真を活用して「#歩こう中山道木曽路カード」を作り、観光案内所などで配布している。
カードは縦6センチ、横9センチ。写真共有アプリ「インスタグラム」の同局公式アカウントで投稿を呼び掛けた。寄せられた中から冬の阿寺渓谷(野尻宿、大桑村)、巴淵の紅葉(宮ノ越宿、木曽町日義)、初秋の寝覚の床(上松宿、上松町)など木曽にある宿場ごとに名所を1つずつ計11選び、裏面には解説などを載せた。 1000枚ずつ作り、各宿場の観光協会や道の駅など17カ所で配っている。1人1枚まで。無くなり次第終了。
同局には「夏休みの自由研究のため全種類を集めたい」といった問い合わせもあるとし、担当の市川拓馬さん(30)は「一緒に木曽の魅力をみつけて発信してほしい」とインスタグラムへの投稿を呼び掛けている。
配布場所は同局のホームページに掲載。電話0264・25・2212