日本の夏や和テーマ にイルミネーション

国営アルプスあづみの公園大町・松川地区(大町市、松川村)で23日まで、約50万球の発光ダイオード(LED)電球が園内を彩る「サマーイルミネーション」が開かれている。
同地区での夏のイルミネーションは初めて。日本の夏や和をテーマにした。入り口付近の「夏祭りエリア」では、花火をかたどった大小9基のイルミネーション装置が色とりどりに変化。音楽や火花マシンなどが連動し、花火大会、夏祭りの迫力や雰囲気も伝わる。
園路では、樹木からつり下げた風鈴の音色や、木々の間に設置した動物の光るオブジェなどが楽しめる。また空中回廊や付近には光のトンネルやカーテンもある。
同公園企画運営係の詫摩圭之(たくまよしゆき)さんは「中止になった夏祭りや花火大会の雰囲気を楽しんでもらえたら」と話す。
点灯は午後6~9時。入園料大人450円、65歳以上210円、中学生以下無料。℡0261・21・1212