2020.11.19 日本地域情報コンテンツ大賞・タブロイド部門で2年連続優秀賞

東座で鍵盤ハーモニカコンサート

「剣の舞 我が心の旋律」の一場面

塩尻市大門四番町の映画館東座(合木こずえ代表)は9月6日、同5~25日に上映予定の「剣の舞我が心の旋律」に合わせ、ピアニストのはざまゆかさん(松本市両島)の鍵盤ハーモニカコンサートを同館で開く。
はざまさんは、鍵盤ハーモニカ奏者としても県内外のステージやレクチャーコンサートなどで活躍中。鍵盤ハーモニカのソロCD「剣の舞」は専門誌「レコード芸術」の推薦盤に選ばれた。
当日は、アルメニア人作曲家アラム・ハチャトリアン(1903~78年)作曲の「剣の舞」の他、ロシアの楽曲を演奏予定。はざまさんは「コロナ禍で表現の場を失い、心折れそうな日々を救ってくれたのはやはり音楽。久しぶりのコンサート、支えてくださった皆さまに感謝を込めて力いっぱい演奏します」と話している。
映画は、ハチャトリアンの若き日の苦闘を描いた作品。第2次世界大戦下のソ連で、上官から剣を持つクルド人が戦いのダンスを踊る楽曲を作曲するよう命じられたハチャトリアンが、8時間で書き上げたという「剣の舞」の誕生物語。
コンサートは午後2時から。映画料金(一般1500円、65歳以上1200円、夫婦どちらかが50歳以上なら2人で2400円。障害者手帳提示1100円)で入場できる。当日上映は正午と、午後2時50分。要予約。東座℡0263・52・0515