タピオカの次はこれ!?「コークミックス」

コーラとブレンドコーヒーを合わせたり、コーラにオレンジジュースを注ぎマンゴーを投入してトロピカルにしたり―。昨年来、はやったタピオカドリンクに次ぐブームになるかもしれない「コークミックス」なる飲み物のうわさを聞き、販売している松本市内の店を訪ねてみた。

日本コカ・コーラがレシピ提供

蔵造りの店が建ち並ぶ中町通りにあるハワイ料理店「ハワイアンダイニングフララ」(中央2)。コーラと果物やアイスクリームを合わせて作るスイーツ系ドリンク「コークミックス」のメニューをそろえ、8月から販売を始めた。
「コークミックス」は、若い世代をターゲットに新たな需要を掘り起こそうと、日本コカ・コーラ(本社東京)がレシピを作り、全国の飲食店に提供。ホームページでも紹介している。今夏には東京・渋谷にコークミックスを販売する専門店を出店した。
「フララ」がコーラとミックスして提供しているメニューは、アイスカフェラテ、ミックスベリーとバニラアイスクリーム、イチゴソルベ、オレンジジュースと冷凍マンゴー。提供されたレシピをアレンジし、オリジナルブレンドコーヒーや姉妹店で手作りするソルベなどを使って仕上げた。価格は、テークアウト486円、店内495円。
「変わった組み合わせに抵抗があったが、飲んでみると新感覚のおいしさ。夏らしく店のコンセプトにもぴったり」と店主の三澤裕二さん(46)。北陸コカ・コーラボトリング(同市村井町北2)の三村政史さん(44)は「単価が高いメニューを提供することで、コロナ禍で苦しい飲食店の助けになりたい」と話し、今後、中信地区の他の店舗にも広げたいとする。
「フララ」は10月末までコークミックスの商品を販売する予定。営業時間は、平日午前11時半~午後4時、土、日曜、祝日は5時まで。水曜定休。電話0263 ・ 50・7677