子育て世代に聞いた 「特別定額給付金」の使い道

新型コロナウイルスに伴う経済対策として国民全員に1人10万円を配る「特別定額給付金」。受け取った人に使い道を尋ねると「生活費の足しにした」「この先のために貯金をした」という人がいる一方、ちょっとしたぜいたくや家族の楽しみ、地域の活性化のために使ったという人もいます。子育て世代に話を聞きました。

生活用品 日常を快適に

★エアコン
これまで家になかったエアコンを買いました。年々暑さが厳しくなり毎年欲しいと思いつつも、信州の夏は短い|と考えると手が出せず我慢していました。幸運にも「安曇野市ささえあいプレミアム商品券」にも当選。今年の夏は特に暑かったので、思い切って買って本当に良かったです
(安曇野市、M・K、子ども15歳、10歳)
★テレビ
自粛期間中に朝から晩まで見ていたせいか、突然テレビが壊れてしまいました。そこで給付金だけでは足りなかったものの思い切って大画面のテレビと、テレビとパソコンをつなぐケーブルを買いました。コロナ禍や子どもがいてライブはしばらく行けそうにないので、オンライン配信のチケットを買っておうちでライブ参戦!楽しみが増えました
(安曇野市、A・S、10歳、8歳)
★ガステーブル
10年以上使っていたガステーブルを給付金の一部で買い換えました。半額セールだったこともあり、魚焼きグリルに油跳ね防止の工夫がされたワンランク上のタイプを奮発。ピカピカのコンロを見てはにんまりしています
(松本市、ずぼら、10歳、8歳、4歳)

本・ゲーム 親子で楽しく

★ゲーム&ソフト
自粛中にいい運動になると思い、ゲーム機「NintendoSwitch」と、冒険しながらフィットネスができるソフト「リングフィットアドベンチャー」を買いました。どちらも大人気で、抽選で購入する権利を得てからでないと買えません。先にソフトが当選し、本体の購入権を得るため何度も応募してようやく当たりました。でも、そのころにはすっかり自粛生活が明けて…。今はやる暇がないです
(木曽郡、どらちゃん、1歳)
★漫画本
給付金の一部で、子どもたちが欲しがっていた漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」全巻を思い切って買いました。ついでにイクトモで学習漫画として紹介された「はたらく細胞」も購入。それまではテレビやゲームばかりの毎日でしたが、親子で夢中になって読んでいます
(安曇野市、K・S、14歳、11歳)

その他 趣味や地域還元

★プライム会員
この機会に今まで迷っていたアマゾンプライムに入会しました。月額500円でアマゾンでの買い物が便利になるほか、映画やドラマが見放題、音楽も聴き放題。ついでにファイヤーTVスティック(Wi|Fi=ワイファイ=を使い、パソコンやスマホなどからテレビ画面に映し出せる機器)も購入し、自宅のテレビで映画館気分を味わったり、歌詞を見ておうちカラオケをしたりと家族で楽しんでいます
(木曽郡、ぱぱぱ、7歳、3歳)
★クーポン券
「ディスカバー信州県民応援割」として長野県民向けに販売された、地域の観光地で利用できる観光クーポン(額面1500円を1000円で販売)を購入上限の5枚手に入れました。夏休みに県内の観光施設や飲食店で使うつもりでしたが、コロナの影響で出歩けず近場の飲食店で利用することに…。少しは地元の活性化に役立てたかな?
(木曽郡、はなこ、4歳)
★犬
ペットショップで犬を買いました。自粛生活で子どもたちも出掛けにくい状況が続いていますが、犬が来てからは家族みんなが癒やされています。休校中にオンライン授業になることを想定してパソコンも購入しました
(クリオネ)
★SUPとPC
夫は自分のお楽しみ用に立ちこぎボート(スタンドアップパドルボード=SUP)を、私はスキルアップのため自分専用のパソコン(PC)を買おうとインターネットや店で探しています。手にした時を想像して2人でワクワクしています
(池田町、あおぞら、8歳、5歳)