信州リンゴのスイーツ 毎月種類変えて

松本市深志1のMIDORI松本2階「信州ショコラトリーGAKU」は、信州リンゴのチョコレートスイーツの販売を始めた。
新スイーツは「GAKUチョコレートパフェ~信州リンゴ~」(850円)=写真=と、同店で一番人気がある「GAKUチョコレートサンド」の信州リンゴバージョン(380円)。
パフェは、上のリンゴムースケーキを割ると中からリンゴのコンポートが流れ出てインパクト抜群。下には同店で人気のチョコレートソフトクリーム、スライスリンゴのフィリング、キャラメルムース、バームクーヘンのラスクが入っている。
サンドは、わせ種のリンゴ「シナノドルチェ」を使用。リンゴがそのまま挟まれているかのような食感で甘みと酸味が特徴だ。
リンゴは、安曇野市のナカムラフルーツ農園から直接仕入れている。リンゴソムリエの資格を持つ同店のトップパティシエが試行錯誤して作った。毎月、使うリンゴの種類を変えており、10月はシナノスイート、11月はシナノゴールド、12月はグラニースミス、1月はピンクレディーの予定。
おいしくておしゃれなチョコレート菓子を通して信州の良さを感じてもらえる菓子作りを目指す同店。小林さくら店長(38)は「チョコレート専門店として、信州リンゴをいかに楽しくおいしく食べてもらえるか考えた」と話す。
信州リンゴのチョコレートスイーツは来年1月まで。営業時間は午前10時~午後8時。パフェの提供は午後2~7時半。℡0263・82・8812