朝日村村民交流ホールにミニギャラリー

朝日村は、役場の村民交流ホールに村民が制作した芸術作品を展示している。絵や書、写真などを地区別に入れ替えて飾り、目にした人からご近所さんの知らなかった腕前に感心したり、「自分も展示したい」という声が上がったり。ミニギャラリーが新たな住民交流の場になっている。
7月に西洗馬地区の住民の作品から始め、10月~12月25日は古見地区の住民の書2点、絵画3点、写真3点を展示している。
ホールの壁には以前、行政関係の賞状などを飾っていた。作品を見た人からは「こんな人が村にいたとは」「あの人が、こんなことをしていたとは」と驚く声も聞かれるという。今後は村内のクラフト作家の作品展示も予定している。