【山雅 Next Match】vsヴァンフォーレ甲府(13日14時・山梨中銀スタジアム)

サンプロアルウィンに今季最多の7560人が来場した39節・新潟戦(6日)は、山雅が攻守で相手を圧倒しました。前線からのプレスで新潟の攻撃を封じ込むと、阪野豊史選手が2得点の活躍で、3─1で快勝。残り3試合に期待を抱かせる内容でした。
次節の相手、甲府ってどんなチーム?
(1)今季最後のアウェー試合の相手
(2)負けられない隣県のライバル
(3)先制点の行方が勝敗を分ける!
今季最後の敵地での一戦は「甲信ダービー」。甲府はここ(39節終了時)まで、先制した試合は15勝5分けと負けなしの強さを誇ります。良い守備からリズムをつくりたい山雅は、浦田延尚選手=写真=らDF陣が、屈強なFWがそろう相手に先制点を許さないことが一番大事です。

最も近い敵地だけに、甲府市のスタジアムで観戦を考えている山雅サポーターも多いでしょう。コロナ禍による制限で、チケットの事前購入はローソンチケット(Web)でのみ可能です。前売りが完売にならなければ、当日券が販売されるとのこと。直前情報はヴァンフォーレ甲府の公式サイトなどで確認してください。